一般財団法人 国際経済交流財団

JEF活動内容

人的な国際交流

1.要人招聘

平成25年9月24日〜29日
招聘者:Hon. Isak Katali
役 職:ナミビア共和国鉱山・エネルギー大臣
ナミビア共和国との技術協力・資金協力等の話合いを、関係省庁・機関と行いました。

平成24年12月3日〜8日
招聘者:Marcos Troyjo(米国)
役 職:米国コロンビア大学BRIC研究所共同所長
BRICsに関するセミナーを研究機関、大学等で行いました。

平成23年5月30日〜6月4日
招聘者:Ian Johnson(スイス)
役 職:ローマクラブ事務局長
地球環境に関する様々なセミナーを開催し、意見交換を行いました。

平成23年2月14日〜19日
招聘者:Salvador Nambrete(モザンビーク)
役 職:エネルギー大臣
「モザンビークの資源・エネルギー情勢について」のセミナーを開催しました。

平成22年5月23日〜27日
招聘者:Sebhat Nega Medhanye(エチオピア)
役 職:国会議員、エチオピア国際平和開発研究所 所長
「エチオピアの民主化について」のセミナーを開催しました。
また、当財団とエチオピア国際平和開発研究所との間で協力協定を締結しました。

2.要人派遣

平成26年10月14日〜10月18日
派遣者:西村 六善   
役 職:公益財団法人日本国際問題研究所 客員研究員
派遣者:米村 紀幸   
役 職:株式会社共同通信エンタープライズ ミャンマー経済・投資センター(JMEIC) 理事長
ローマクラブがメキシコシティで開催するローマクラブの年次総会「Renewable Energy for Efficient Societies and Sustainable Cities, The Role of Science and Technology」に派遣しました。

平成25年9月18日〜21日
派遣者:森嶋 昭夫   
役 職:特定非営利活動法人日本気候政策センター 前理事長
弁護士
ローマクラブがカナダのオタワで開催する年次総会「The Governance of the Commons」に派遣しました。

平成24年9月30日〜10月2日
派遣者:小島 明   政策研究大学院 理事
森嶌 昭夫  特定非営利活動法人日本気候政策センター 理事長
ローマクラブがルーマニアのブカレストで開催する年次総会『The Power of the Mind on the occasion of the 40th Anniversary of Limits to Growth』にスピーカーとして派遣し、小島氏は、福島原発事故後のエネルギー政策を巡る国内事情、森嶌氏は、太陽エネルギー社会について、それぞれ発表しました。

平成23年10月16日〜17日
派遣者:山田 興一
役 職:独立行政法人 科学技術振興機構
低炭素社会戦略センター 副センター長
ローマクラブがスイスのバーゼルで開催する国際会議『The Future of Energy and the Interconnected Challenges in the 21st Century』にスピーカーとして派遣し、「福島後の原子力・エネルギー情勢」について発表しました。


3.市場経済化知的交流

経済混乱の中で市場経済化を目指す旧社会主義経済諸国に対し、過去の日本の経験等を踏まえ、市場経済への円滑な移行を支援するための知的交流を1997年(平成9年)より実施し、世話人会、交流会、セミナーといった会合を開催しています。


4.ローマクラブ日本支部

ローマクラブ(The Club of Rome)は、現在、スイスのヴィンタートュール(Winterthur)に本部を置く民間のシンクタンクで、当財団がその日本支部となっています。
ローマクラブは、最初1968年4月に立ち上げのための会合をローマで開き、最初の報告書「成長の限界」(1972年)で地球環境問題を地球規模の最大の問題として提起して以来、累次にわたり世界的課題について先見的で主流となる提言をし、長きにわたり国際的な世論形成に大きな影響力と存在感を持って来ました。
21世紀に入り、ローマクラブは再組織され、活動を強化していくことを決め、2008年に本部をスイスのヴィンタートュール市に置き、シンクタンクを設置し、再度地球環境問題について議論し、意見発表をする活動を活発化させました。2010年6月時点で会員数は全世界で1,500人、30カ国にナショナル・アソシエーションが存在しています。
このような欧州の動きに伴い、2010年に本部事務局より日本でもローマクラブを再開してはどうかとの働きかけがあり、当財団は地球環境問題に高い関心を有していることから、当財団がローマクラブ日本支部の役割を担うことになりました。
日本支部創設にあたり、当財団は実行委員会を組織し、第一回会合を2010年(平成22年)9月27日に開催し(事務局長は当財団の原岡専務理事)、爾来会合を開催しております。
日本支部の役割は、当面、ローマクラブ本部が開催する国際シンポジウム等に日本からの有識者の出席を促すことを主としています。