日本と外国のコミュニケーションの発展・深化を目指し
国際的な経済交流を促進します

Japan Economic Foundation

JEFの事業3つの柱

  • JEFについて
  • 特別寄稿-新しい視点-
  • JEF創立40周年記念

Japan Spotlight®

Japan SPOTLIGHTは隔月刊の英文電子ジャーナルで、当財団ウェブサイト上で奇数月の10日に定期刊行しています

Japan Spotlight詳しくはこちら

国際フォーラム

持続可能な世界経済の発展に向け、各国・地域と共有する課題を議論し解決策を探る国際会議を開催します

Japan Spotlight詳しくはこちら

調査研究

有識者による研究会を立ち上げ、政策課題の解決法を探り、政策提言を発信します

Japan Spotlight詳しくはこちら

各種お知らせ

  • Japan Spotlight

    Japan SPOTLIGHT 2023年1/2月号を掲載しました
    特集:「進化する地政学的危機の下で景気後退のリスクに直面する経済」(邦題仮訳)COVER STORY: World Economy Facing Risk of Recession with Deepening Geopolitical Crisis

    【次号】
    2023年3/4月号は、「新しい日米中関係」を特集します。最近発表された日本の安全保障戦略はどのように3国の関係に影響するのでしょうか。次号は2023年3月10日に当財団ウエッブサイトで公開予定です。

  • Japan Spotlight

    Japan SPOTLIGHT 2022年11/12月号を掲載しました
    特集:「経済的安全保障を確保する新しい産業政策」(邦題仮訳)COVER STORY: New Industrial Policies for Safeguarding Economic Security

    【次号】
    2023年1/2月号では、激動の地政学によって更に深刻化したスタグフレーションのリスクに直面する世界経済の問題点について特集します。次号は2023年1月10日に当財団ウエッブサイトで公開予定です。

  • Japan Spotlight

    Japan SPOTLIGHT 2022年9/10月号を掲載しました
    特集:「METI通商白書2022-ロシアのウクライナ侵略による経済への影響」(邦題仮訳)COVER STORY: White Paper on International Economy & Trade 2022 - Economic Impacts of Russian Invasion in Ukraine

    【次号】
    今日、先進国は経済的安全保障の確保のため、皆血眼で、国際競争力の向上に全力を注いでいる。そのための産業政策は、今や80年代とは様変わりし、先進国共通の必須の手段となっている。次号、2022年11月10日発行のJapan SPOTLIGHT 11/12月号では、日本の新しい産業政策の在り方を紹介する予定です。

  • Japan Spotlight

    Japan SPOTLIGHT 2022年7/8月号を掲載しました
    特集:「ルールに基づく国際経済システムの実現に向けて」(邦題仮訳)COVER STORY: In Pursuit of a Rules-Based International Economic System

    【次号】
    2022年9/10月号は通常通り経済産業省の通商白書を特集します。ウクライナ情勢が世界経済・日本経済に及ぼす影響に関心が向かうところです。次号は2022年9月10日に当財団ウエッブページで公開予定です。

  • Japan Spotlight

    Japan SPOTLIGHT 2022年5/6月号を掲載しました
    特集:「証拠に基づく政策決定(EBPM)-現状と今後の展望」(邦題仮訳)COVER STORY: Evidence-Based Policy Making (EBPM) - the Current Status & Future Prospects

    【次号】
    2022年7/8月号では「ルールに基づく国際経済システムの実現に向けて」にスポットをあてます。紛争やパンデミック、超大国の覇権争いなどの混乱に直面する世界において最も望まれている政策決定システムです。次号は、2022年7月10日に当財団ウエッブページで公開予定です。

過去のお知らせはこちら