Roundtable Discussion 和文

Japan SPOTLIGHT

2024年1月10日
(2024年1-2月号より)ラウンドテーブル「どうすれば日本の人口減少を止められるか?」吉野直行 慶應義塾大学 名誉教授、関麻衣 立命館大学 准教授、脇坂大介 経団連 産業政策本部上席主幹、豊田正和 国際経済交流財団 会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2023年11月10日
(2023年11-12月号より)ラウンドテーブル「世界経済分断の時代に、アジア経済の持続可能性を高める戦略は何か?」吉野直行 慶応大学 名誉教授、渡邉真理子 学習院大学 教授、浦田秀次郎 早稲田大学 名誉教授、豊田正和 国際経済交流財団 会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2023年7月10日
(2023年7-8月号より)ラウンドテーブル"「観光大国日本の機会と課題」-パンデミック後の観光回復の中で」奥田朋子「料理旅館 白梅」女将、デービッド・アトキンソン 小西美術工藝社 社長 ・ 日本政府観光局(JNTO)特別顧問、星野光明 観光庁 国際観光部長、豊田正和 国際経済交流財団 会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2023年5月10日
(2023年5-6月号より)ラウンドテーブル"「雇用の流動化と人材投資」翁 百合日本総合研究所 理事長、冨山和彦 経営共創基盤(IGPI)グループ会長、鶴 光太郎 慶応大学 商学部 教授、豊田正和 国際経済交流財団 会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2023年3月10日
(2023年3-4月号より)ラウンドテーブル"「米中対立の深刻化の中で、台湾統一に備えて、日本はどう対応すべきか?」伊藤信悟 国際経済研究所 研究部 主席研究員、松田康博 東京大学 東洋文化研究所 教授、森本 敏 元防衛大臣、豊田正和 国際経済交流財団会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2023年1月12日
(2023年1-2月号より)ラウンドテーブル"「今、世界で何が起きているか?-国際政治、経済、エネルギーの視点から」遠藤 乾 東京大学教授(国際政治)、竹森俊平 元慶応大学教授(経済学)、寺澤達也 日本エネルギー経済研究所理事長(エネルギー)、豊田正和 国際経済交流財団会長 [モデレーター]
英文の掲載号はこちら

2022年11月10日
(2022年11-12月号より)ラウンドテーブル"「広義の経済安全保障を実現する進化型産業政策の必要性」についての政策提言を巡って ― 停滞続く日本経済の再活性化のために何をすべきか"-吉野直行 慶應大学経済学部名誉教授(進化型産業政策研究会〈JEF主催〉座長)、宮本弘曉 東京都立大学経済経営学部教授、祝迫得夫 一橋大学経済研究所教授、豊田正和 国際経済交流財団会長(モデレーター)
英文の掲載号はこちら

2022年9月9日
(2022年9-10月号より)ラウンドテーブル"通商白書2022「ロシアのウクライナ侵略による世界経済への影響」"-伊藤 亜聖(東京大学社会科学研究所准教授)、鈴木 一人(東京大学公共政策大学院教授)、戸堂 康之(早稲田大学教授)、岡田 陽(司会)(前経済産業省通商政策局企画調査室長(内閣官房新しい資本主義実現本部事務局企画官))
英文の掲載号はこちら

2022年7月8日
(2022年7-8月号より)ラウンドテーブル"崖っぷちに立つ『ルール志向の経済システム』?"-浦田秀次郎(早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 名誉教授)、川瀬剛志(上智大学 法学部 教授)、前嶋和弘(智大学 総合グローバル学部 教授)、豊田正和(国際経済交流財団 会長)
英文の掲載号はこちら

2022年7月8日
(2022年7-8月号より)ラウンドテーブル"APECの新たな時代とアジア太平洋地域の国際経済秩序"-石戸 光(千葉大学 教授)、大庭三枝(神奈川大学 教授)、寺田 貴(同志社大学 教授)、服部 崇(経済産業省通商交渉官(当時))
英文の掲載号はこちら

2022年3月1日
(2022年3-4月号より)ラウンドテーブル"COP26の成果とCNに向けた我が国の課題"-工藤禎子(三井住友銀行 取締役兼専務執行役員)、高村ゆかり(東京大学 未来ビジョン研究センター教授)、寺澤達也 (日本エネルギー経済研究所 理事長)、豊田正和 (国際経済交流財団 会長)
英文の掲載号はこちら


Japan SPOTLIGHT