2019年9月10日

[JS#227] Japan SPOTLIGHT 2019年9/10月号を掲載しました

Japan SPOTLIGHT 2019年9/10月号を掲載しました
特集:METI通商白書2019(仮訳)
COVER STORY: White Paper on International Economy & Trade 2019

【次号】
「増大する地政学的危機の中で期待される経済学の役割」について特集します。不安定な地政学に起因する世界的不況を経済が如何にしてくい止めることができるのか、著名なエコノミストの方々が見解を示します。次号は2019年11月10日に掲載予定です。

2019年8月 2日

第3回 JEF-KRA グローバルリスク・シンポジウム ご案内

シンポジウム

お申込みを締め切りました。

~Brexit、北朝鮮・イラン情勢の行方と、
解決策の糸口となる環インド洋・太平洋経済圏の重要性~

国際経済交流財団(JEF)とKomatsu Research & Advisory(KRA)は、急変する国際情勢について俯瞰的かつ複眼的な視点から分析すべくグローバルリスク・シンポジウムを開催致します。第3回目となる今回も各分野に傑出した4名の専門家をお迎えします。

第1セッションでは、緊迫する米・イラン情勢を踏まえ、北朝鮮やイランの核不拡散問題を米国と韓国の2つの視点からご紹介します。
第2セッションでは、英国と欧州の2つの視点から、Brexitと今後の日英関係の展望、そして、地政学・軍事面で注目され始めている環インド洋・太平洋戦略の本質的な重要性についてご紹介します。
それぞれのセッションには会場からの質問にもお答えする会場参加型のQ&Aコーナーがあります。

【プログラム】(敬称略) PDFはこちら
13:30~13:35 開会挨拶:国際経済交流財団 会長 日下 一正
13:35~13:45 来賓挨拶:英国市場協議会 会長 朝田照男
13:45~14:00 モデレーター:Komatsu Research & Advisory 代表 小松 啓一郎
14:00~15:30

セッション1

「北朝鮮とイランに対する米国の政策の違い」
Mr. Mark Fitzpatrick(マーク・フィッツパトリック)
元米国国務省、英国国際戦略研究所(IISS)アソシエイト・フェロー

「経済制裁と北朝鮮経済」
Dr. Dong Yong Sueng(トン・ヨンスン)
元韓国大統領政策委員

Q&A
15:30~15:50 コーヒーブレイク
15:50~17:20

セッション2

「Brexit後の日英関係」
Sir David Wright(デイビッド・ライト卿)
元駐日英国全権大使、元英国海外貿易総省事務次官
SMBCグループ・グローバル・アドバイザー

「EUとインド洋・太平洋-困難な政治力学の中での舵取り」
Dr. Eva Pejsova(エヴァ・ペショヴァ)
欧州安全保障研究所(EUISS)シニア・アナリスト

Q&A
17:20~17:30 閉会挨拶:国際経済交流財団 会長 日下 一正

【場所】国際文化会館 東京都港区六本木5-11-16(03-3470-4611
【参加費】無料
【言語】日本語・英語(同時通訳付)
【定員】100名(定員に達し次第締め切りとさせていただきます。)
【お申込み】こちらから申込みをお願いいたします。
【お問合せ】03-6263-2517 一般財団法人 国際経済交流財団 業務部

主催:国際経済交流財団・Komatsu Research & Advisory
後援・協力/JETRO・国際文化会館

2019年7月10日

[JS #226] Japan SPOTLIGHT 2019年7/8月号を掲載しました

Japan SPOTLIGHT 2019年7/8月号を掲載しました
特集:高齢化社会の最適モデルを追及して-日本モデルの教訓(仮訳)
COVER STORY: Exploring for the Best Models of an Aging Society - Lessons from Japanese Experience

【次号】例年通り、METIの通商白書を取り上げます。米中テクノロジー冷戦についてのMETIの考察を楽しみにしていて下さい。次号は2019年9月10日に掲載予定です。

2019年5月18日

2019年度日米フォーラム (ワシントンDC)

[more]過去のフォーラム

https://www.jef.or.jp/forum/usforum/_2019.html
テーマ The United States and Japan in a Globalizing World
日時 2019年5月17日(金)
会場 SAIS BOB Building Room 500, 1717 Massachusette Avenue, NW, Washington, DC
主催 Johns Hopkins University, School of Adovanced International Studies (SAIS)
一般財団法人 国際経済交流財団

usforum2018

アジェンダアジェンダ

出席者出席者リスト

スピーカー略歴英文略歴

議事要旨Summary in EnglishSummary in Japanese

発表資料Naoyuki YoshinoSoichiro Sakuma

若手研究者招聘若手研究者の報告

アンケート結果Questionnaire

報告書全文2019年度日米フォーラム報告書

2019年5月10日

[JS #225] Japan SPOTLIGHT 2019年5/6月号を掲載しました

Japan SPOTLIGHT 2019年5/6月号を掲載しました
特集:岐路に立つグローバル・ガバナンス-G20大阪会合へのロードマップ(仮訳)
COVER STORY: Global Governance at a Crossroads - a Roadmap Towards the G20 Summit in Osaka

【次号】「ニーズに応える社会福祉政策とプラス思考の高齢化社会」について特集します。これは、高齢化人口に関連するG20会合のフォローアップであり、これからの世界経済にとって最も重要なチャレンジとなるテーマでもあります。次号は2019年7月10日に掲載予定です。

2019年3月 8日

[JS #224] Japan SPOTLIGHT 2019年3/4月号を掲載しました

Japan SPOTLIGHT 2019年3/4月号を掲載しました
特集:フューチャー・デザイン-次世代に引き継ぐ未来について考える(仮訳)
COVER STORY: Future Design-Thinking About Our Legacy to the Next Generation

【次号】2019年6月28~29日に大阪でG20サミットが開催されることから、次号では「岐路に立つグローバル・ガバナンス(仮題)」を特集します。G20は現在世界が著面している地政学的/経済的な課題を解決するために如何に貢献できるか。様々な有識者へのインタビューや執筆記事を紹介します。次号は2019年5月10日に掲載予定です。

2019年1月10日

[JS#223] Japan SPOTLIGHT 2019年1/2月号を掲載しました

Japan SPOTLIGHT 2019年1/2月号を掲載しました
特集:未来志向の東アジアの国際関係(仮訳)
COVER STORY: Exploring Future Relations in East Asia

【次号】国連で採択したSDGs(持続可能な開発目標)が注目され、長期的政策問題を考える必要性が再認識されました。このことから、2019年3/4月号では日本人エコノミストが提案する「フューチャー・デザイン(仮)」を特集します。次号は2019年3月10日に掲載予定です。