Japan SPOTLIGHT 注目記事日本語版

当財団は日本語での情報発信にも力を入れたいと考え、2017年1月に「Japan SPOTLIGHT注目記事日本語版」ページを新設しました。Japan SPOTLIGHT(英文電子ジャーナル)の各号より編集長が注目した記事数点を選び、日本語仮訳版として掲載しています。なお、これらはあくまでも仮訳であることをご了承ください。各記事の原文(英文)は、Japan SPOTLIGHT バックナンバーをご覧ください。


2019年11月10日
(2019年11-12月号より)難航するWTO 改革-MC12に向けて-―川瀬剛志氏(上智大学法学部教授)
英文の掲載号はこちら

2019年11月10日
(2019年11-12月号より)技術制御とサプライ・チェーンの安全保障-新冷戦の要―ロバート・シールズ Robert Shields氏(米国コンサルタント会社 ITTAマネージャー)
英文の掲載号はこちら

2019年11月10日
(2019年11-12月号より)貿易と国境を越えるデータフロー ―ハビエル・ロペス-ゴンザレスJavier López-González氏(OECD貿易農業局 シニアアナリスト)
英文の掲載号はこちら

2019年11月10日
(2019年11-12月号より)「生涯現役」社会を目指して-高齢社の挑戦―(株)高齢社 代表取締役社長 緒形 憲 氏へのインタビュー
英文の掲載号はこちら

2019年9月10日
(2019年9-10月号より)世界的なポピュリズムの「津波」が訪れているのか?―ジャンウェルナー・ミューラー氏(プリンストン大学 教授)
英文の掲載号はこちら

2019年9月10日
(2019年9-10月号より)経済産業省「2019年版 通商白書の概要」(転載)
英文の掲載号はこちら

2019年7月10日
(2019年7-8月号より)日本の社会保障制度の長期ビジョンに向けて―前川守氏(前内閣府審議官)
英文の掲載号はこちら

2019年7月10日
(2019年7-8月号より) 社会保障の新しい哲学と改革の方向性-「住宅」を社会保障の新たな柱に―小黒一正氏(法政大学 教授)
英文の掲載号はこちら

2019年7月10日
(2019年7-8月号より) 超高齢社会に向けてのケアコンパクトシテイ構想―山崎敏氏(神奈川県立保健福祉大学 非常勤講師、トシ・ヤマサキまちづくり総合研究所代表取締役・一級建築士)
英文の掲載号はこちら

2019年7月10日
(2019年7-8月号より) 日本は新しい顔を持って令和時代に入る:平成時代の変化は見えにくいが、しかし深いものだった―小林暢子氏(EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社 EYパルテノンマネージングディレクター/パートナー)
英文の掲載号はこちら

2019年5月10日
(2019年5-6月号より) 暗くないG20大阪サミット直前の世界経済見通し―ローレンス・ブーン氏(OECDチーフ・エコノミスト)
英文の掲載号はこちら

2019年5月10日
(2019年5-6月号より) 世界貿易システム:何故間違った方向に行ったのか、またそれを是正するにはどうしたらよいのか―エドワード・アルデン氏(外交問題評議会 シニア・フェロー)
英文の掲載号はこちら

2019年5月10日
(2019年5-6月号より) インド洋地域-アジア太平洋地域とアフリカの親善のための効果的な架け橋となる地域―デオナナン(ラジ)・マクンド氏(Eclosiaグループ プログラム・ディレクター)
英文の掲載号はこちら

2019年5月10日
(2019年5-6月号より) 東京電力福島第一原子力発電所で貯蔵されているALPS処理水について―経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力政策課 原子力発電所事故収束対応室)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) フューチャー・デザイン事始め―西條辰義氏(高知工科大学フューチャー・デザイン研究所 所長)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) フューチャー・デザイン研究についての課題―小林慶一郎氏(慶應義塾大学 教授)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) 矢巾町におけるフューチャー・デザイン―吉岡律司氏(矢巾町企画財政課 課長補佐)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) 新国富と政策決定―松永千晶氏(九州大学大学院 工学研究院 助教)、馬奈木俊介氏(九州大学主幹教授 都市研究センター長)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) ヨーロッパの戦場:地政学と新しいナショナリズム―グラハム・フライ(Sir Graham Fry)氏(元英国駐日大使)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) 金正恩(キム・ジョンウン)の北朝鮮―何が変わったのか?―ヨン・スン・トン(Yong Seung Dong)氏(オリエンタル・リンク代表)
英文の掲載号はこちら

2019年3月8日
(2019年3-4月号より) 北朝鮮:その神話と現実―ジェームズ・ホアー(James E. Hoare)氏(元英国外務省)
英文の掲載号はこちら

2019年1月10日
(2019年1-2月号より) インドの視点から見たインド太平洋協力―Sachin Chaturvedi & Priyadarshi Dash氏(インド開発途上国調査情報システム研究所(RIS)所長 & 同研究所 准教授)
英文の掲載号はこちら

2019年1月10日
(2019年1-2月号より) 訪日観光客は日本のソフトパワーの源泉―原岡直幸氏(一般財団法人国際経済交流財団 専務理事、ジャパン・スポットライト 編集長)
英文の掲載号はこちら

2018年11月9日
(2018年11-12月号より) デジタル経済とプライバシーの保護:将来課題―マーク・ローテンベルグ(Marc Rotenberg)氏(電子プライバシー情報センター(EPIC)会長)
英文の掲載号はこちら

2018年11月9日
(2018年11-12月号より) デジタル資本主義と日本―森健氏(公益財団法人野村マネジメント・スクール 上級研究員)
英文の掲載号はこちら

2018年11月9日
(2018年11-12月号より) シェアリングエコノミーの統計的把握について―山澤成康氏(跡見学園女子大学マネジメント学部 教授)
英文の掲載号はこちら

2018年9月10日
(2018年9-10月号より) 今後の朝鮮半島情勢の展望―李燦雨(Chanwoo Lee)氏(帝京大学短期大学 准教授)
英文の掲載号はこちら

2018年9月10日
(2018年9-10月号より) 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取組―経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力政策課 原子力発電所事故収束対応室
英文の掲載号はこちら

2018年9月10日
(2018年9-10月号より) 通商白書2018サマリー
―経済産業省 通商政策局 企画調査室

英文の掲載号はこちら

2018年7月10日
(2018年7-8月号より) 最近の日本の宇宙政策の動向-宇宙産業の振興を中心に - 高倉秀和氏(内閣府 宇宙開発戦略推進事務局)
英文の掲載号はこちら

2018年7月10日
(2018年7-8月号より) 中国の指導的学者、「よりよいグローバリゼーション」について語る - リー・シャオピン(李小平)氏(中南財経政法大学経済学部副部長)
英文の掲載号はこちら

2018年7月10日
(2018年7-8月号より) 統計改革の取組みについて - 山澤成康氏(跡見学園女子大学 マネジメント学部 教授)
英文の掲載号はこちら

2018年5月10日
(2018年5-6月号より) 財政と民主主義―ポピュリズムは政治危機への道か - 加藤創太氏(公益財団法人 東京財団政策研究所 常務理事 兼 上席研究員)
英文の掲載号はこちら

2018年5月10日
(2018年5-6月号より) 「不安な時代」におけるシナリオ・アプローチの意味 - ラウンドテーブル(角和昌浩 東京大学公共政策大学院、日下一正 国際経済交流財団 会長)
英文の掲載号はこちら

2018年5月10日
(2018年5-6月号より) 古典的リアリズムの世界に回帰するサイバー空間 - 大澤淳氏(公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所 主任研究員)
英文の掲載号はこちら

2018年3月9日
(2018年3-4月号より)日本の最優秀の学生は海外の名門大学留学を目指す - 尾澤章浩氏(株式会社ベネッセコーポレーション 英語・グローバル事業開発部 グローバルラーニング課 Route H責任者)
英文の掲載号はこちら

2018年3月9日
(2018年3-4月号より)ユビキタスネットワーク社会実現のための教育―東洋大学の大プロジェクト - 坂村 健氏(INIAD東洋大学 情報連携学部 学部長、cHUB学術実業連携機構 機構長、東京大学 名誉教授)
英文の掲載号はこちら

2018年1月10日
(2018年1-2月号より)ドナルド・トランプ大統領の保護主義政策のアセアンへの影響―ジルベルト・リヤント氏(フィリピン開発研究所 所長)
英文の掲載号はこちら

2018年1月10日
(2018年1-2月号より)新しい未来を製造する―ラインヒルデ・ブージェレール氏(ルーヴェン・カトリック大学 経営学部 教授)
英文の掲載号はこちら

2017年11月10日
(2017年11-12月号より)朝鮮半島のリスク要因の分析ートン・ヨンスン氏(オリエンタル・リンク社 代表、元韓国大統領政策アドバイザー)
英文の掲載号はこちら

2017年11月10日
(2017年11-12月号より)アフリカの地政学的リスクの緩和のために:アジアとの補完性とインド洋地域の戦略的役割に着目してーラミアリソン・へリンジャトボ・エーメ氏(アンタナナリボ大学 教授、IMFサブサハラ地域アドバイザリーグループスペシャリスト)
英文の掲載号はこちら

2017年11月10日
(2017年11-12月号より)ブレキジット:その原因と結果ーマシュー・グッドウィン氏(ケント大学 教授、英国チャタムハウス 上級客員研究員)
英文の掲載号はこちら

2017年9月8日
(2017年9-10月号より)平成29年版通商白書概要ー経済産業省 通商政策局 企画調査室
英文の掲載号はこちら

2017年7月14日
(2017年7-8月号より)世界の政治と経済を考えながら、ヨガと瞑想について考える-シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール氏 アートオブリビング創設者
英文の掲載号はこちら

2017年7月10日
(2017年7/8月号より)競争こそ、アジアの成長国のサービス産業の潜在成長力を促進する - Donghyun Park アジア開発銀行 プリンシパル・エコノミスト
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)政策研究を新たなレベルに - 加藤創太 東京財団 常務理事
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)グローバル化の曲がり角:台頭する保護主義と東アジアへの示唆 - 中澪 大和総研 アジア事業開発グループ コンサルタント・深川由起子 早稲田大学 政治経済学部 教授 〔共著〕
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)人生100年時代における長寿の恩恵を活かす―健康・幸せに働き続けるライフスタイルへ―  和氣忠 (株)キャリア・デベロップメント・アンド・クリエイション CEO
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)"昭和マインドセット"からFestina Lente マインドセットへの変容 -高齢化社会を生き抜くために- 高田朝子 法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)目標を決めて超高齢化社会をエンジョイしよう - 三浦雄一郎 プロスキーヤー&登山家
英文の掲載号はこちら

2017年5月10日
(2017年5-6月号より)アルツハイマー病:高齢化社会の代名詞 - アンジャナ・アフジャ ファイナンシャル・タイムズ 科学記事寄稿者
英文の掲載号はこちら

2017年4月3日
(2017年3-4月号より)地政学的リスクの将来見通し―「ニューノーマル」時代を生きる - 小松啓一郎 Komatsu Research & Advisory 代表
筆者の小松様が、英文原稿を基に新たに日本語版を書かれました。皆様、お読みください!
英文の掲載号はこちら

2017年3月10日
(2017年3-4月号より)J.D.バンスの「ヒルビリー哀歌」と「二つのアメリカ」 - ポール・スラシック 米国オハイオ州ヤングスタウン州立大学 政治学部 教授・学部長
英文の掲載号はこちら

2017年3月10日
(2017年3-4月号より)北朝鮮の地政学的リスクの現状と行方 - 李 燦雨(Chanwoo Lee) 帝京大学短期大学現代ビジネス学科 講師
英文の掲載号はこちら

2017年3月10日
(2017年3-4月号より)リスク管理におけるシナリオ手法的アプローチ:地政学的リスクを例として - 角和昌浩 昭和シェル石油チーフエコノミスト、東京大学公共政策大学院客員教授
英文の掲載号はこちら

2017年1月16日
(2017年1-2月号より)日本の2015年のGDP、改訂で31兆円増加 - 飯塚信夫 神奈川大学 経済学部 教授
英文の掲載号はこちら

2017年1月16日
(2017年1-2月号より)不確実性の増す今日の世界経済には、伝統的経済学はもう通用しない
財政政策の方が、金融政策より有効 - リチャード・クー 野村総研 チーフエコノミスト

英文の掲載号はこちら

2017年1月16日
(2016年11-12月号より)若年層貧困との闘い - 本田由紀 東京大学 教育社会学 教授
英文の掲載号はこちら

2017年1月16日
(2016年11-12月号より)「所得格差」-この20年の変化- - 橘木俊詔 京都女子大学 客員教授
英文の掲載号はこちら

2017年1月16日
(2016年9-10月号より)サービス立国論-経済のグローバル化の視点から- - 森川正之 経済産業研究所 理事・副所長
英文の掲載号はこちら